KERRANG!がBABYMETALのニューアルバム記事を掲載 + 管理人、ベビメタのライブに行くってよ 【海外の反応】

wTiqfoM.jpg
 
 
今回は、Kerrangのニューアルバムに関する記事です。
かなり短いですが、まぁ、そこは察してくださいw
KerrangやMetal Hammerのほうに付いたコメントは明日やります。
それでは、どうぞ。


 
 
 
 
日本のメタルとJポップのロマンスのスーパースターBABYMETALには、セカンドアルバムの確定されたディテールがある。
キツネ様は語った…。

 
BABYMETALはearMUSICを通して、4月2日のロンドンのウェンブリーアリーナでの巨大なショーの直前の4月1日にセカンドアルバムをリリースする。
その日はFox Dayとして知られるようになるから、君のカレンダーにこれをブックマークしておけ。
さらに、バンドは東京ドームでの彼女たちの母国の巨大なギグで、今までに最もビッグなショーをプレイする予定になっている。
なんと55000人もの人を収容できるんだぜ!
 
バンドの立案者KOBAMETALは、次の声明を発表した:“キツネ様が予言したように、ニューアルバムはFOX DAYとしても知られる4月1日にリリースされるでしょう。2014年のデビューアルバムのリリース以来、僕たちはワールドツアーで休みなく世界中を駆け巡ってきました。前回のツアーを通じて、世界中の人たちに出会い、皆がBABYMETALを通して集まったその奇跡的な瞬間を感じる機会がありました。僕たちの新曲‘THE ONE’は、世界をひとつにするという歌詞を含んでいます。或いは、僕たちのファンをひとつにするのに決して失敗することのないコンサートでの観客のお気に入りRoad of Resistance。全てのBABYMETALの曲は、この並外れたストーリーを生み出します。僕は、BABYMETALの曲が彼女たちに新たな可能性を発見するよう駆り立て続けると信じ続けます。今みんなに言えることの全ては、FOX DAYがやってくるのを粘り強く待つってことです”
 
バンドのメインボーカリストSu-METALは述べた:“みなさんの多くが待ってくれてるって信じてるので、私はニューアルバムを作るのに全力を傾けます。セカンドアルバムのリリース直後にウェンブリーアリーナで、また海外の私たちのファンに会えるのを楽しみにしてるので、そのライブで初めての私たちの曲を聴けると思います。来年、東京ドームでやるのは、まだ夢のようですが、そのステージに立つための自信をもっと深めるように務めるつもりですし、ワールドツアーを通して成長し続けたいです”
 
以下のビデオの告知をチェックして、君たちがどう思うかをコメントしてくれ。


http://www.kerrang.com/38754/babymetal-confirm-brand-new-studio-album/
 
注:このKerrangの記事には、Metal Hammerにある、もあのコメントがないので、そっちからそこだけ拝借します。
 
 
MOAMETALが付け加える:“今夜、お告げがあったにも関わらず、私たちが東京ドームでやる日が来るってことを想像することが出来ません。そのうえ、私たちの新しいアルバムがFox Dayにリリースされるので、私は皆さんに、私たちが皆さんの期待を裏切るアルバムを作り出すことを約束します。もちろん、良い意味で、ですよ”
http://metalhammer.teamrock.com/news/2015-12-13/babymetal-confirm-2016-album-and-world-tour
 
注:まぁ、すぅともあのコメントは、ナタリーにあるやつですね。
エイプリルフールの件がなくなってたり、若干ニュアンスも変わってますが。
 
 
 
 
Mudkoo
重要な部分:僕たちの新曲“THE ONE”
 
 
gosflo
多分、KOBAは俺たちがブリクストンで披露された時に、間違ってRoRをTHE ONEって呼んだ時に、曲のタイトル的にクールだなって思ったんだな。

 

    Aka-oni-san
     The ONE ONE ONE ONE ONE ONE ONE ONE

 
puffpuff44
ゆいのコメントはどこだ?
 
 
themagiccrumpit
多くの場所で、アルバムは“Fox day”って呼ばれるって言ってたんだ。
間違ってたら訂正してほしいんだけど、それってリリースされる日の名前じゃないの?
あと、アルバムはまだタイトルがないの?

 

    amadiGW2
    まだタイトルはないよ。
    まだ彼らは発表してないんだ。
    でも、起こってること全てのテーマは“THE ONE”だから、それがアルバムのタイトルになる可能性は高いと思う。

 
CostelCosmin
BABYMETALに関する否定的なコメントをする奴らに対する完璧な回答を見つけたわ。
以下、Genryusay Shigekuni Yamamoのコメントを引用。
ちゃんと聞け!
ここから失せろ!
俺は、呼吸する方法をおまえのような生まれたての赤ん坊に教える辛抱強さも時間も持ち合わせちゃいねーんだ。
 
 
Sabaneko
Metal Hammerのアレックスがその時日本にいたんだってことを知ったわ。
彼の横浜アリーナのビッグレポを次のMetal Hammerの記事で読めるかもしれないね。
頼むぜ、Metal Hammer。

 
 
 
 
 
 
 
 
管理人、ベビメタのライブに行くってよ 完結編
 
超大作“管理人、ベビメタのライブに行くってよ”のエンディングから数十分、ついに顔認証の順番が来た。
係員があまりにも私がブラピに似てて呆然としてたような気がするが、そうでもなかったかもしれない。
そして紙のリストバンドを付けられて、ついにアリーナに入る。
まぁ、ぶっちゃけ、アリーナで待ってる間、色々音楽が流れていたが、半分寝てたので覚えてない。
なんせそこから1時間くらい待たされたわけで、立ったまま寝るという荒業に打って出ざるを得なかったのだ。
偶に音楽が止まって、両サイドにあるモニターに、カラオケ紹介動画が流れてたのは覚えてる。
しかしあれだ。
プレゼントボックスなんてなかった!
クソッ、クロークに預けておけばよかった…。
仕方ない、本はポケットに突っ込んでおこう。
 
そして18時をちょっと過ぎた辺りで、アナウンスが始まると同時に、一部の人間から大歓声が上がる。
それからライトが落ち、演奏が始まるが、なんだか良く分からないものだった。
てか、そんなことより私の目の前にあっという間にスペースが出来た。
私の前の人間がみんな前に圧縮を始めたのだ。
マジかよ!もうかよ!
と思ったら後ろから圧縮がきて私も前へ…。
そして、3人の天使が空から舞い降りてくる。
この時の気持ちをなんて言ったらいいか…。
そうだな、好きで好きで堪らない子に告白して、OKを貰った時のなんかフワフワして宙に浮いてるような感じと似てるかも。
ちょっと陳腐な表現だけど、とにかくその時の気持ちに似た感じになった。
人には見せられない顔をしてたと思う。
 
 
1、アウトロのフルバージョン。
すぅが歌い始めたけど、最初の4、5フレーズを英語で歌ってて、ついに英語の曲がきたのかと思いました。
音は、私は耳栓がなくても平気でしたね。音的な判断は耳栓買えなかったので比べることは出来ませんが、とにかくドラムがドシンドシンきましたね。
きっとあれ、心肺停止した人をすぐにアリーナに入れれば、心臓が動き出すんじゃないかってくらいでした。
とにかくレーザーとかの演出が半端なくてね、私が行ったことがあるライブとはちょっと比較にならないほど視覚的な楽しみがありましたね。
まぁ、なにより、目の前で生の3人が動いてることに、正直凄く感動しました。
そして、すぅの歌声に酔って、身動きひとつしなかったし、声ひとつあげませんでした。
曲的には、なんていいか分からんけど、ちょっと物足りないかな。
リリースバージョンを聴いてみたいですね。
で、終わった時にはすでに汗が半端ない。
めっちゃ暑いんですよ。
クソッ、やっぱ半袖にしておくべきだったぜ…。
 
2、ギミチョコ
GIVE ME!ラッシュ。
なんですかね、あれ。
両サイドのモニターに、“GIVE ME”ってのと同時に“ギブミー”って声が流れるのですが、6、7回くらいそれを繰り返してたんですよね。
すげえかっこよかったんですけど、ちょっとしつこいかなw
3回くらいでよくね?w
圧縮はここからが本番でした。
“もっと声だせ!”のお叱りの後に、甘えたような声をだす、すぅが可愛くて仕方なかったw
 
3、いいね!
ギミチョコで苦しんだ後に連続で盛り上がる曲です。
私も同じなんですが、とにかく人の頭に手が当たりまくりです。
手を上げようとすると、どうしても当たる、そういう状況なんですよ。
ラップはなくて、コールアンドレスポンスでした。
 
4、あわだまフィーバー
これはビックリでした。
凄い盛り上がる曲なんですね。
手を上げようとすると他人の頭に手が当たると言いましたが、これは両手をあげて輪っかを作って“あわーあわーあーわだまフィーバー♪”ってやるんですよ。
もう修羅場でしたねw
 
5、CMIYC
ソロは藤岡先生が最高でした。
やっぱあの人すげえわ。
そして3人が可愛い、それだけだw
 
6、ウキウキミッドナイト
キンキラリーン!
 
7、ドキドキモーニング
これ盛り上がりますねぇ。
人の頭に当たろうが関係ねえ、とにかくリンリンリンやる!って気持ちになりますw
 
8、Mischiefs Of The Metal Gods 2015バージョン
やっぱ藤岡先生が凄いです。
ISAOも上手いんですけど、なんていうのかな藤岡先生の方がグルーヴが出てるっていうのかな。
まぁ、みんなかっこよかったですよ。
中でも藤岡先生が1番かなってだけです。
 
9、紅月
もうこれはすぅちゃんしか見てないw
圧縮とか関係ない。
すぅの声の美しさに酔ってました。
 
10、4の歌
やっぱ2人は可愛い。
それにつきるw
お決まりの上手、下手、スタンド、アリーナを煽るのですが、アリーナの時は全力で声だしましたw
よんよん!
 
11、修造ファイッ!(管理人命名)
モニターで、松岡修造の似顔絵を見せて“新しい調べを~”の煽りがあった瞬間にみんな怒号でしたねw
とにかく、この曲の時はずっとヘドバンもせず、腕も上げず、ただただ見てました。
セイヤ、セ、セ、セ、セイヤ、ソイヤ、ソ、ソ、ソ、ソイヤ。
正拳突きをしまくってましたが、私の心も打ち抜きましたw
正直、この曲の時はすぅを見てた記憶が殆どないです。
もあとゆいばかり見てました。
イントロの段階では、凄いへヴィメタルよりの曲かと思ったんですが、セイヤで腰砕けw
そこがBABYMETALなんだよなぁw
私はこれ好きです。
へヴィだし、すぅのパワフルな声の魅力が詰まってますし、ゆいともあの魅力も詰まってる。
で、ダンスというか、振り付け?で、すぅが倒れてるゆいともあの手をとって起こしてひとつになるところがあるんですけど、そこはなんかグッときましたね。
やっぱこの3人じゃなきゃダメに決まってるよね!って思いました。
 
12、違う
これ、なんていうか…、あまり盛り上がらない?
あわだまと比べると観客も大人しいものでしたね。
ノリ方がまだ分かってないのかな?
やっぱ、私はあわだまの方が好きですね。
 
13、メギツネ
やっぱ人気ありますね。
あまり記憶がないんですが、圧縮が1番きつかった気がします。
 
14、イジメ、ダメ、ゼッタイ
ウォールオブデス…、私の位置からはどこでやってるのか分からない…。
あー、参加したかったよ…。
後ろ見てもほんとにやってるのかさえ分からないんですよ。
位置が悪かったですね。
 
15、ヘドバンギャー
初めて横振りヘドバンやったと思うw
 
16、Road of Resistance
これもなぁー、ウォールオブデスに参加出来てればなぁ…。
でも、この曲はあれですね、最後の踏ん張りが出来る。
その話は本編でw
 
目の前に3人がいるというのは言葉に出来ない感動があった。
だが、ギミチョコが終わった時点で汗だく+酸欠状態で、最後までもたないのではないかという不安が早くも襲ってきた。
とにかく、暑い。
クソッ、この長袖シャツが…、根性がない説に騙されたぜ…、むしろこっちのほうが根性あるだろ…、やはりコメントで教えてくれた人の言うことをきくべきだった。
なんて優柔不断な人間なんだ、この俺は!
ブラピ、軽蔑するぞ!
 
私は初めてのBABYMETALのライブに戸惑いがあったものの、ギミチョコですでに叫び、キツネサインを掲げ、ヘドバンをしていた。
ライブってそういうものだw
みんな目の前のものを愛してるから、恥ずかしいって気持ちがなくなる。
そして今回のライブで思い知ったのは、自分がいかに限界を低く設定していたかだ。
とにかく腕を上げてない時のほうが少ない状態の中、“もう腕が限界”と何度思ったことか。
でも、3人を見てるとあげられる。
暑くて酸欠でもう無理と何度も思ったが、3人を見てると忘れられる。
私は今まで70%の力を出した時点で、もう限界、もう十分にやりきったと諦めてきた。
でも、違ったんだね。
最後のRoad of Resistanceでは、もう絶対に1㎝たりとも腕が上がらない、流石に限界きたと思ったのに、すぅの声に背中を押されて腕が上がるんだな。
きっと、BABYMETALにもっと早く出会ってれば、私が諦め、挫折してきたあれもこれも、もっと出来た、もっと頑張れたって思う。
BABYMETALのライブは、3人と神バンドにとっての戦いってだけではなく、観客も自分の限界と戦っているのだ。
 
ここで疑問に思った人もいるだろう。
そうそう、それだ、眠気だ。
そんなものは3人の天使が空から現れた時に吹っ飛んだ。
すぅの神々しいまでの美しさ、ゆいともあの輝かしいまでの可愛らしさ。
あの3人を見て、眠くて仕方ないって人間など何処にいよう。
てか、もあちゃんと10回くらい目があったような気がしたが、モニターの中のもあちゃんだったかもしれない。
 
正直、圧縮は思ったほどではなかった。
しかし、イラッときたのは2回や3回どころではない。
肘打ちをくらわしてやろうかと思ったこともある。
でもやらないのは、やっぱりBABYMETALだからだな。
これがどうでもいいバンドのライブなら、100%やってたと思う。
メタルレジスタンスの模範となれという言葉にカスってもいない輩もいたのは否定出来ない事実だ。
ここは正直に言っておかないとね。
 
ライブが終わると、もうシャツは汗でびしょびしょ。
そして、ポケットに手を入れると…。
あれ?なにこれ?
本がグショグショになっとる!
すぅちゃんへのプレゼントが!私の汗の匂い付きプレゼントに変わっとる!
むしろ喜んでもらえるかも!一生の宝物にしてくれるかも!
などとは全く思わなかったことをここで明言しておきたい。
それにしても、マジでプレゼントボックスなんてなかったよ?
 
あー、そういえば、外国人はあまり見なかったな。
おそらく、スタンドに多かったんだと思う。
アリーナとスタンドでは、待つ場所が違うから、遭遇しないのだ。
おそらく、見たのは4人かな?みんな白人だった。なんか日の丸の鉢巻きしてる人もいたな。
黒人やラテン系は見なかった。
アジア人は気づかないと思う。
あぁ、セキュリティは私と勝負できそうな黒人のごつい人だったわ。
 
荷物を受け取って外に出ると、寒さが心地よい。
pyzivfQ.jpg
水分補給のために飲み物を買ったが、おそらく人生でこれほど美味いと思った飲み物はなかったな。
そして駅への道を歩いていると、パチモンを売ってる出店が。
鋼鉄の意志を持つ私は、そんなもんは一瞥もせずに通り過ぎる。
はずであったが、鋼鉄の意志が錆びついてる私はちょっと見てみる。
ふむ、なるほどな。
BABYMETALのスマホカバーがたくさん売っとる。
欲しい…。
だがしかし、錆びついてるとはいえ鋼鉄は鋼鉄。
ここはスルーして男気をみせた。
なんせライブでも涙を見せなかった強い男の子だもん!
 
でもね、思い出すと涙が出そうになるんだな、これが。
なんでなんだろう。
現場では少しもそんなことなかったのに、思い出すとね。
不思議な感覚だ。
それにしても、私を見てVIP席に案内しなかったスタッフは気が利かないな。
そこだけは減点だ。
本物のブラピだったら気を悪くしてたことだろう。
 
まだライブに行ったことないって人は、絶対に行くべき。
体力に自信のない人はスタンドでもいい。
やっぱり、生で3人を見るってのは特別だよ。
ほんとに感動する。
あの3人がどれだけ頑張ってるか分かるし、サポートしたいって思わせられる。
今までに行ったライブでは味わえない感動を味わったよ、ほんとに。
言葉にするのはマジで難しいんだけどね。
 
よし、次は絶対にウォールオブデスに参加する!
てか、早くまた観たい! 早くまた3人に会いたい!
 
くだらねえ俺の人生に楽しみを与えてくれてありがとう。

 
 
 
 
https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/3wniky/metal_hammer_article_babymetal_confirm_2016_album/